THE F1RST TIMES

NEWS

2022.07.22

4s4ki、韓国のフィメールラッパー・Swervyを迎えた越境トランスHIP HOPナンバーを配信リリース

■20代前半の、国も文化も違うふたりの女性アーティストが“支配と解放”をテーマにお互いのパートを喰い合うように火花を散らす、スリリングな一曲!

既存の枠組みにとらわれない、あらたなオルタナティブポップスを生み出し、国内外から高い評価を受けている新世代アーティスト、4s4ki(読み:アサキ)が、8月24日にリリースするニューアルバム『Killer in Neverland』より、先行配信シングル第2弾として「Freedom Kingdom feat. Swervy」を7月22日にリリースした。

「Freedom Kingdom feat. Swervy」は、国境を越え、海外からフィーチャリングゲストを迎えた破壊力抜群のヒップホップナンバー。時にはラップシンガー、時にはシンガーソングライター、時にはトラックメイカーと様々な形容のされ方をしてきた4s4ki。ジャンルを横断するそのスタイルは、ひと言に括るには難しく、“新世代アーティスト”と表現されることが多い。

どの表現も正しく、しかしどの表現にも収まらない彼女が、今作の核に据えたのは「ラップ」。4s4ki史上、最もHIP HOPな曲を生み出すべく、海外の同世代フィメールラッパーを迎え、“支配からの解放”をテーマにラップしている。

今作でゲストに迎えられたのは、韓国の巨大ヒップホップレーベル“Hi-Lite Records”に所属し、“神童”の異名を持つ弱冠20歳のフィメールラッパー、Swervy(読み:スウォルビ)。

韓国ヒップホップシーンで各メディア注目のルーキーとして名を馳せているが、兼ねてより彼女の音楽やラップにリスペクトを抱いていた4s4kiの声掛けによって本コラボレーションが実現。20代前半の国も文化も違うふたりの女性アーティストが邂逅した。“支配と解放”をテーマにそれぞれのバースを蹴り合い、お互いのパートを喰い合うように火花を散らす、スリリングなナンバーに仕上がっている。

そして、今作のトラックメイキングにはMasayoshi Iimoriが参加。4s4kiとは「I LOVE ME」や「FAIRYTALE feat. Zheani」などで過去に共作している。ずば抜けてソリッドなトラックが海外からも高い評価を受ける日本随一のセンスを持つトラックメイカーだが、今作では1990年代にレイヴシーンで流行したゴアトランスと現代ヒップホップで欠かすことのできないTRAPサウンドを融合。トライバルかつトランシーな匂いがするカオスなトラックが生まれた。

日本と韓国というアジアのエンターテインメントを牽引する2国間のコラボレーションは、極東の音楽界に大きなインパクトを与える可能性大だ。

■4s4ki 本人コメント
Swervyの放つ魅力の波動が、私の心と共鳴した日から、彼女のことをずっとかっこいいと思っていました。
今作のゴアトランスは魂の共鳴作です!
Swervyやばいですぅありがとう!


リリース情報

2022.07.22 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Freedom Kingdom feat. Swervy」

2022.08.24 ON SALE
ALBUM『Killer in Neverland』 


4s4ki OFFICIAL SITE
https://4s4ki.xyz