THE F1RST TIMES

NEWS

2022.07.29

全員70歳の新人バンド・SKYEのツアー最終公演に、奥田民生、尾崎亜美、荒井由実がゲスト出演

■AmiYumiならぬ、尾崎亜美×荒井由実の“亜美由実”による、まさかのPuffyメドレーも!

SKYEのコンサートツアーの最終公演が、7月26日に東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールで開催され、2時間20分超にわたって22曲を演奏。ゲストに荒井由実、奥田民生、尾崎亜美が参加し、集まった2,000人の観客を沸かせた。

SKYEは日本の音楽業界を支え続けてきた鈴木茂(Gu)、小原礼(Ba)、林立夫(Dr)、松任谷正隆(Key)の4人が結成した全員70歳の新人バンド。2021年10月にデビュー・アルバムを発表し、7月14日の名古屋を皮切りに、大阪、東京と回り、この日ツアーの最終公演を迎えた。

■「僕らのデビューツアーのファイナルにようこそ!」(松任谷正隆)
THE BANDの「The Weight」が場内に流れるなか、定刻の19時過ぎ、メンバーがゆっくりとステージに現れる。林立夫のドラム、小原礼のベース、鈴木茂のギターに松任谷正隆のキーボードが順に音を重ねていき「Less Is More」でSKYEのステージが静かに幕を開けた。同曲はSKYEのセッションでいちばん最初に誕生した楽曲で、アルバムの1曲めに収められている。SKYEはメンバー全員が曲を書き、全員がリードボーカルを取れるバンド。1曲めは小原、2曲めの「Dear M」は松任谷正隆、3曲めの「Daydream」では林立夫がリードボーカルを聴かせる。

アルバム収録曲3曲の演奏を終え、松任谷正隆から「あらためてSKYEです。僕らのデビューツアーのファイナルにようこそ!」と、まずは客席に向けて挨拶。このツアーにはゲストに荒井由実、奥田民生、尾崎亜美の3人が参加している。「ゲスト目当てにいらっしゃった方も多いと思いますが(笑)、今日はそれを裏切らないショウにしました」と客席の期待を煽りながら、アルバム収録曲の「Reach Out To The Sky」「どちらのOthello」を続ける。SKYEの4人のメンバーは半世紀にわたって日本の音楽界の第一線で活躍してきたミュージシャン揃い。ブラス&コーラス3人のサポートこそあるが、基本は4人のメンバーだけで音を出す。時には抑えながら、時には激しくとSKYEが弾き出すサウンドは変幻自在。マニピュレータなんぞに頼らず重厚かつ華やかな音を出し続け客席を圧倒する。

■「今日は下っ端のペーペーです」(奥田民生)
小原礼はこの日の3人のゲストを三段ロケットに例え、彼らの推進力がこのツアーを支えてくれていると称賛。「先ずは3段ロケットのいちばん下から火が出ます! ミスター・ロックンロール、タミオ・オクーダ!」と奥田民生をステージに招き入れる。今回の出演メンバーの中では奥田民生は若手。小原のロケットの例えを受け「どうも、燃料です(笑)。今日は下っ端のペーペーです」と謙遜しながら奥田の1stソロ収録の「BEEF」に「イージュー★ライダー」をSKYEのメンバーと共に演奏。

ここでステージには「家族枠で出てきました! 三段ロケットの二段目です!」と小原の妻、尾崎亜美がジョイン。「私たち、燃料としては割といい働きするよね」と奥田に話しかけ2人で「さすらい」を歌う。このあと、奥田はロケットが離脱するように、ふわふわ〜と揺れながらステージを降り、場内の笑いを誘う。

■「この3人は、私の歴史の中でもとっても大事なひとたち」(尾崎亜美)
ここからは尾崎亜美のゲストコーナーに。「私のデビューのときに、プロの音楽家の扉を開けてくれた皆さんと、今日はご一緒してます」と1曲めに歌ったのは、尾崎の1stアルバム『SHADY』(1976年)に収められた「私は何色」。当時のレコーディングには松任谷正隆、鈴木茂、林立夫が参加した。松任谷は1枚めと2枚めのアルバムプロデュースも担当。尾崎にとって想い出深いメンバーが再結集した。続いても3人が関わった2ndアルバム『MIND DROP』(1977年)収録の「初恋の通り雨」を歌う。

「この3人は、私の歴史の中でもとっても大事なひとたち」ですと改めて紹介。いちばん最後に尾崎の前に現れたのが夫でもある小原礼。尾崎の海外録音時、小原に参加を依頼したが断られたエピソードを披露。「でも、この4人は私の中でめちゃめちゃ濃い人たちなんです!」とSKYEのメンバーを称えラストは「19歳の頃に作った歌です。この歌で皆さんに知ってもらえるようになりました」と松任谷プロデュースの3rdシングル「マイ・ピュア・レディ」を歌って、「二段目、離脱します!」と、ロケットが回転するようにクルクル回りながらステージを降りた。

■「これでファイナル。ちょっとね、おセンチになっちゃってるんです」(荒井由実)
松任谷正隆の奏でるピアノのイントロに乗って、ステージには3人目のゲスト、荒井由実が登場。曲は荒井由実が1972年にリリースしたデビューシングル「返事はいらない」。いきなりのレア曲演奏に客席のユーミンファンが湧く。「こんばんは、荒井由実です。さっき一段ロケットとか二段ロケットとか言ってましたが、ようは飛び道具としてやってまいりました!」と話すと場内は大爆笑。「返事はいらない」のレコーディングに参加したのが鈴木茂と小原礼。鈴木は荒井由実が15歳の頃、デモテープの録音にギターで参加して以来、SKYEのメンバーの中ではいちばん付き合いが長い。小原は「ユーミンがザ・フィンガーズの追っかけやってる頃から知ってるよ!」と思い出話しに花が咲く。

SKYEは半世紀以上も前、青学高校時代に鈴木と小原と林の3人で結成したバンド。荒井由実はその頃から彼らを知っており「東京のスタイリッシュキッズの集まり!」と憧れの存在だったそう。続いて歌ったのは1975年に発表した6枚目のシングル「あの日にかえりたい」。この曲の録音には林立夫、鈴木茂にキーボードで松任谷正隆が参加した。「(鈴木)茂さん、小原くん、みっち(林)に続いて最後に出会ったのが、残り物に福っていうんですか(笑)」と松任谷正隆を紹介。ユーミンコーナー最後の曲を歌う前に「これでファイナル。ちょっとね、おセンチになっちゃってるんです。これもいい思い出になっていくね、1stツアーは1回しかないから」と感傷気味に、この日のステージを振り返る。

松任谷は「なるべく普通では聴けない曲やろうかと。次にやる曲は、一緒にやることは2度とないと思います」と紹介したのは「Hong Kong Night Sight」。松任谷の1stアルバム『夜の旅人』(1977年)に収められた楽曲で、詞は荒井由実が書き、のちに自身のアルバム『水の中のASIAへ』(1981年)でカバーした。荒井は「自分でも、とっても気に入ってる曲です。さっきおセンチになってるって言いましたけど、この曲にも同じ気持ちを載せて歌います」と、エキゾチックなサウンドに荒井が情感込めて歌う。2コーラスからは松任谷がボーカルをとる。演奏前に「せっかくだから、小原んちを真似してデュエットやろうかと」と宣言したとおり、夫婦でのデュエットを披露。この滅多に見られないサプライズに2,000人のオーディエンスも大喜び。

■演奏の合間にメンバーが楽曲制作時のエピソードをトーク
レアな選曲の連打で客席を大いに沸かせたゲストコーナーが終わると、再びSKYEのメンバーの演奏に戻る。鈴木茂が「『風街ろまん』(1971年)を作るときに、松本隆さんから詞を頂いて書いた曲です。ライブでは何回か演奏してましたが、録音することはなかった曲です」と語って、ギターを弾きながら歌ったのは、はっぴぃえんどの未発表曲「ちぎれ雲」。50年の時を経て今回のSKYEのアルバムで初めて録音された幻の曲だ。

SKYEのコンサートでは演奏の合間にそれぞれのメンバーが制作時のエピソードを話していく。「どちらのOthello」は林立夫がドラム・パターンを最初に考え、そこに松任谷が曲をつけた。林立夫はSKYEのサウンド作りを、各々が食べ物を持ち寄る“ポットラック・パーティー”に例える。メンバーみんなが持ち寄って、ひとつのものを作るというスタイルで“整った”曲が「マイミステイク」。仕上げにメンバーが大好きなメンフィスサウンドのフレーバーを、ちょっとふりかけた。コロナ禍のじれったさに加え、小原が自身の生き方を深く懺悔して書いた曲だ。ここでは松任谷、林、鈴木の3人が美しいハーモニーのコーラスを聴かせる。

■荒井由実、奥田民生、尾崎亜美のゲスト3人がステージに再登場
ここでステージには再び、荒井、奥田、尾崎の3人がジョイン。荒井はこのメンバーを見て「こうやって、ありえない取り合わせが揃うと、フェスのようですね!」と感激。松任谷から「最初にお話したように、このショウでしか見られないのをいくつか用意しました。次の曲で皆さんがリラックスしてくれないと、ボクの立場がないんです」と話すと、奥田は「名古屋、大阪ではこの曲をきっかけにお客さんと打ち解ける感はありましたしね」と受け、演奏されたのは「アジアの純真〜これが私の生きる道〜渚にまつわるエトセトラ」と続くPuffyメドレー。ご本家のAmiYumiならぬ、尾崎&荒井版での“亜美由実”の登場に客席もオールスタンディングで応える。

圧巻は後半。おのおのがひとつの曲の中で「アジア〜」「これが私の〜」「渚にまつわる〜」の歌詞を歌うマッシュ・アップを披露。奥田が『隣に釣られないよう気を使った』というほど、超高等テクニックだが、見事にこれを決め、エンディングになだれ込む。ラストは小原の「コロナに負けず突っ走りましょう!」と新アルバムのリード曲「ISOLATION」。豪快なロックンロールブギで場内をヒートアップさせ、そのまま奥田の「マシマロ」、尾崎の松田聖子提供曲「天使のウィンク」に荒井由実の「14番目の月」をメドレーで畳み掛け、最後は「ISOLATION」に戻って、大きな拍手のなか、本編はここで終了。

アンコールでは荒井由実と一緒にエバーグリーン・ナンバーの「卒業写真」を演奏。小原から「2021年10月にCDデビューが出来て、2022年にこんなにたくさんのお客さんに来てもらって、素晴らしいアーティストの人たちと一緒に出来るなんて感無量です。幸せな気持ちがずっと続くように、もう1曲」とSKYEのメンバーだけで壮大なナンバー「Always」を演奏。ここでメンバーはステージを降りるも、観客の拍手は鳴り止まず2ndアンコールに応える。松任谷正隆から「このツアーのこと、今夜のことは一生忘れないと思います」とアルバムのラストに収められたバラード曲「BLUE ANGELS」を歌い、2時間20分超に及んだSKYEのツアー最終日を締めた。

SKYEは、7月29日の『FUJI ROCK FESTIVAL ’22』に出演。この日の模様はスペースシャワーTVにて9月30日20時より放送される。


SKYE OFFICIAL SITE
https://columbia.jp/artist-info/skye/
https://columbia.jp/betterdays/skye/