THE F1RST TIMES

NEWS

2022.08.02

J-HOPE、米国の大規模音楽フェス『ロラパルーザ』でフィナーレを飾った最初の韓国人アーティストに

■「照れくさいが、この瞬間を勝ち抜いた自分自身にも誇らしいと言いたい」(J-HOPE)

BTSのJ-HOPEが、米国の大規模音楽フェスティバル『ロラパルーザ』(Lollapalooza)にて、10万5,000人の観客を前にフィナーレを華やかに飾った。

J-HOPEは、7月31日(現地時間)午後、米シカゴで開催された『ロラパルーザ』のメインステージにヘッドライナーとして登場し、約1時間のパフォーマンスを披露。

『Jack In The Box』のアルバムタイトルのように、ステージ上に設置された箱から飛び出しながらステージをスタートさせたJ-HOPEは、ソロアルバム『Jack In The Box』からの楽曲に加えて、「BTS Cypher PT.1」「Dynamite」といったBTSナンバーを自分だけのスタイルで熱唱、ファンを魅了した。

ラストの「Chicken Noodle Soup(feat.  Becky G)」のステージには、フィーチャリングに参加した米国の歌手兼俳優、Becky Gがサプライズで登場。息の合ったパフォーマンスをみせた。

J-HOPEにとって、あらたなキャリアの幕開けとなった今回の『ロラパルーザ』公演。今までとは違うJ-HOPEや、ポジティブなエネルギーを伝えるJ-HOPEなど、様々な面を強調した多様なパフォーマンスを繰り広げ、これからの活動を期待させるのに十分な内容となっていた。

『ロラパルーザ』の30年の歴史でメインステージを飾った最初の韓国アーティストという大きな「足跡」を残したJ-HOPEは、「私たちは他の言語を使っているが、私は私の音楽を心血を注いで創る。(皆さんに)私の話を聞いてもらいたい」と想いをコメント。

そして公演の最後に韓国語で、「私にとって意味のある瞬間だ。欲望、野望で始まったアルバムが盛大に仕上げに向かっていく過程のひとつだ。このアルバムを通じてすべてのスケジュールが僕にとって血と肉になり、今日『ロラパルーザ』のステージに立ち、そして皆さんを見ながらもう一度確固たる信頼が出来た。来てくださった多くの方々に感謝する。光栄だ。照れくさいが、この瞬間を勝ち抜いた自分自身にも誇らしいと言いたい」と挨拶し、「Future」で祭りの幕を閉じた。