THE F1RST TIMES

NEWS

2022.08.06

マハラージャン、初のワンマンライブ『レッツ・ターバン!』東阪2公演で2,200人のファンを魅了

■大阪公演では、SANABAGUN.の代表曲「人間」や山下達郎「BOMBER」のカバーも披露!

7月6日にニューアルバム『正気じゃいられない』をリリース、同月22日に東京はLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で初のワンマンライブ『レッツ・ターバン!』を行ったマハラージャンが、8月5日に大阪公演をBIGCATにて開催。東阪2公演で2,200人を動員した。ここでは大阪公演の模様をレポートする。

オープニングSEが始まり、期待のクラップが会場に鳴り響くと、1曲目「次いくよ」のイントロでマハラージャンが盛大な拍手に迎えられて登場。

続く「僕のスピな人」「地獄Part2」といったアップテンポな楽曲で、一気に会場のボルテージをひき上げていく。

最初のMCでは「(先日行った)東京でのワンマンライブは大成功でした! 大阪はライブハウスで(お客さんとの距離が近く)一体感を感じられて最高です!」と初々しいコメントで場を和ませると、ラジオのハガキ職人だったときの投稿楽曲「ねえ、ねぶって」をパフォーマンス。

続けてMVで自身初のダンスを披露した「持たざる者」、「権力ちょうだい」でフロアを躍らせる。その後ステージ上にひとり残ったマハラージャンは、ひとりでステージに上がっていたインディーズ時代を振り返り、アコースティックギターを手に「空ノムコウ」を弾き語る。続けて再びバンドセットで「eden」を熱唱すると、会場は温かい拍手に包まれた。

「別れた恋人の歯ブラシで便器を磨いたことはありますか?」という不意の問いかけに思わず会場から笑いがこぼれるなか、ニューアルバムから「君の歯ブラシ」を披露。

続くバンドメンバー紹介で、SANABAGUN.から澤村一平(Dr)、大樋祐大(Key)のふたりがサポートしてくれていることにリスペクトの意味を込めて、SANABAGUN.の代表曲「人間」をカバー。このサプライズに会場は大いに盛り上がりを見せた。

その直後、大樋祐大から「SANABAGUN.のメンバーになってほしい!」と声をかけられ、「“その気にさせないで”くださいよ」と仕込みたっぷりのMCから、ニューアルバムのリードトラック「その気にさせないで」で会場はひとつに。その勢いまま「貞☆子」、そして自身最大のヒット曲「セーラ☆ムン太郎」で本編を締めくくった。

アンコールでは、CDアルバムにのみ収録されている未配信楽曲「BOMBER(cover)」を初パフォーマンス。そして「すべてはこの曲から始まりました!」とデビュー曲「いいことがしたい」を、最後は同じくインディーズ時代の楽曲「何の時間」で、初のワンマン公演シリーズ『レッツ・ターバン』は大団円を迎えた。

PHOTO BY  西槇太一(東京公演)

■『レッツ・ターバン!』
2022年7月22日(金)東京・LINE CUBE SHIBUYA
<セットリスト>
01. 正気じゃいられない
02. 次いくよ
03. 僕のスピな人
04. 示談
05. 地獄 Part2
0. ねぇ、ねぶって
07. 権力ちょうだい
08. 行列
09. 空ノムコウ
10. 比べてもしょうがない
11. eden
12. 鼻の奥に米がいる状態
13. 先に言って欲しかった
14. いうぞ
15. 君の歯ブラシ
16. その気にさせないで
17. 貞☆子
18. セーラ☆ムン太郎
[ENCORE]
19. ちがう
20. いいことがしたい
21. 何の時間

2022年8月5日(金)大阪・BIGCAT
<SET LIST>
01. 次いくよ
02. 僕のスピな人
03. 示談
04. 地獄 Part2
05. ねえ、ねぶって
06. 持たざる者
07. 権力ちょうだい
08. 空ノムコウ
09. eden
10. ちがう
11. 先に言って欲しかった
12. 君の歯ブラシ
13. 人間(SANABAGUN. cover)
14. その気にさせないで
15. 貞☆子
16. セーラ☆ムン太郎
[ENCORE]
17. BO0BER(山下達郎 Cover)
18. いいことがしたい
19. 何の時間


マハラージャン OFFICIAL SITE
https://maharajan.love/