THE F1RST TIMES

NEWS

2022.08.10

草なぎ剛、尾野真千子の夫役の竹原ピストルに嫉妬!?「真千子ちゃんとは2回夫婦役をやっていたので」

■草なぎ剛、12歳の後輩・原田琥之佑に熱いエール!「原田君にしかない魅力があるし、感謝の気持ちを忘れずに。そうすれば絶対にうまくいく」

映画『サバカン SABAKAN』の完成披露舞台挨拶が8月10日に東京・TOHOシネマズ日比谷 スクリーン12で行われ、原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛(なぎは、弓へんに前+刀が正式表記)、そして金沢知樹監督が出席した。

主人公・久田孝明役の番家一路は体調不良で欠席したものの、等身大パネルで参加。さらにキャスト陣や監督への愛着を綴った手紙をしたためており、それを孝明の親友・竹本健次役の原田が代読した。

手紙を読み終えた原田は「今日、会えないのは残念だけれど…こうやって横にパネルも一緒にいてくれるのでうれしい」と笑顔満開。

孝明の母・良子役の尾野も「今日は一路に会いたかったけれど、19日の舞台挨拶で会えることを楽しみにしています」、孝明の父・広重役の竹原も「今度会うときには、素晴らしい芝居を見せてくれてありがとう!と伝えたい」と再会を期待していた。

大人になった久田孝明役だけに番屋とは共演場面のない草なぎだが、番家とは「最近よく会っているので仲良くなっています。次回会うのが楽しみ!」と元気な再会を願っていた。

本作で映画初出演の原田は、昨年夏の長崎で行われたロケを振り返り、「初日からガックガクで緊張しました。撮影本番以外は『はい!』という言葉しか出ませんでした。でも一路の笑顔に救われました」と報告。

見事な肝っ玉母ちゃんぶりを見せた尾野は「普段の私とは全然違う」と否定するも、夫役の竹原からは「そのままだったよ!」とツッコミを受けて、夫婦漫才のようなやり取りを見せた。

そんな仲のいい夫婦をよそ目に草なぎは「真千子ちゃんとは2回夫婦役をやっていたので竹原さんには嫉妬しました!」とジェラシー。それでも「景色もきれいな素敵なところで撮影ができて良かった!」と長崎ロケを喜んでいた。

本作で長編映画監督デビューを果たした金沢監督。本作のベースとなった物語は、もともとラジオドラマ用に制作されたものだったそうで、「草なぎさんがラジオ用原稿を読んでいるときに感情が入りすぎて泣いていた。その姿を見られただけでも満足でした」と草なぎの感涙を報告すると、当の草なぎは「この方は天才なので、皆さん『#金沢知樹監督は天才だ』でお願いします! すごい発想力をお持ちの方だからこそ、こういう本が書ける。金沢監督はこれからブレイクする監督! ハッシュタグ!」とその才能を高く評価していた。

また小学生が主人公の本作にちなんで「小学生の頃に戻れたら?」と聞かれた尾野が「戻りたくない!」と答えると、草なぎは「真千子ちゃんは真千子ちゃんのままでいいよ!」と謎のエール。

さらに尾野が「戻れるならば、もっと牛乳を飲んでおけばよかった」などと高身長への憧れを口にすると、草なぎは「でもそのコンパクトな感じが魅力的ですよ。背が伸びたら印象が違う。今より背が高かったら僕は真千子ちゃんとは呼べずに真千子さんとなるはず」と熱弁していた。

その草なぎは同じ質問に対して「どっちでもいい!」とまさかの自由過ぎる返答。その理由として「今がいちばんいいというのが幸せです」と充実した日々を報告していた。

また芸能界の先輩として原田へのアドバイスを求められた尾野が「そのままでいい!」と言うと、草なぎも「真千子ちゃんの言うとおり。原田君にしかない魅力があるし、感謝の気持ちを忘れずに。そうすれば絶対にうまくいく」とエール。竹原も「やりたいようにやればいい!」と背中を押していた。

最後に草なぎは「ふざけた形で『金沢知樹監督天才!』と言っていたけれど、僕は本当にそう思っています。親近感のある世界観でこんなに涙が出ることはない。それは金沢監督の経験から生まれたリアリティがあるから。お母ちゃんとお父ちゃんが子供を抱きしめることの大切さがグッとくるし、それさえあればお父さんお母さんはいいのではないか? とさえ思わされる。シンプルに大事なことが詰まっている映画です」と力強くアピールした。


映画情報

『サバカン SABAKAN』
8月19日(金)全国ロードショー
出演:番家一路 原田琥之佑 尾野真千子 竹原ピストル
村川絵梨 福地桃子 ゴリけん 八村倫太郎(WATWING) 茅島みずき 篠原 篤 泉澤祐希
貫地谷しほり 草なぎ剛 岩松了
監督:金沢知樹
脚本:金沢知樹 萩森淳
配給:キノフィルムズ

(C)2022「SABAKAN」Film Partners


映画『サバカン SABAKAN』公式サイト
https://sabakan-movie.com/