THE F1RST TIMES

NEWS

2022.08.16

THE RAMPAGE・RIKU、初のソロ楽曲が映画『HiGH&LOW THE WORST X』劇中歌に決定

■「楽曲が完成したときは、この楽曲が映画の世界観にハマりますようにという願いとプレッシャーのほうが大きかったです」(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE・RIKU)

男たちの友情と熱き闘いを様々なメディアで描く『HiGH&LOW』シリーズと、不良漫画の金字塔『クローズ』『WORST』(原作・高橋ヒロシ/高は、はしごだかが正式表記)の、2大最強コンテンツがクロスオーバーする映画『HiGH&LOW THE WORST』の続編『HiGH&LOW THE WORST X』(読み:「X」=クロス)が9月9日に全国の劇場で公開される。

これまでに、THE RAMPAGEが歌う主題歌「THE POWER」をはじめ、MA55IVE THE RAMPAGEの「RIDE OR DIE」、BALLISTIK BOYZの「We never die」、PSYCHIC FEVERの「WARRIORS」、DEEP SQUADの「Pouring rain」など豪華アーティストの楽曲が劇中歌として流れることが明らかになっている本作。

そしてこのたび、THE RAMPAGEのボーカルであるRIKUも本作の劇中歌を担当することが決定した。

RIKU自らが歌詞を書き下ろした初のソロ楽曲「Stand by you」は、同じくTHE RAMPAGEのメンバーである川村壱馬演じる鬼邪高の頭・花岡楓士雄と、中本悠太が演じる瀬ノ門工業高校の須嵜亮との壮絶なタイマンシーンをドラマチックに魅せてくれる。

そんな本楽曲の一部が先行解禁。RIKUが初めて作詞に参加し、仲間を支える意志を力強くドラマチックに希望を込めて歌い上げるソロ楽曲。緊迫した雰囲気のストリングスが印象的な、クライマックスシーンを象徴したサウンドに、RIKUのこれまでの経験や、仲間を思う気持ちを映画の世界観に重ね合わせて表現した劇中歌となっている。

RIKUの生み出した等身大の歌詞は、鬼邪高の花岡楓士雄(川村壱馬)と高城司(吉野北人)、瀬ノ門の須嵜亮(中本悠太)と天下井公平(三山凌輝)、それぞれのキャラクターの秘めた熱い思いを代弁するかのような、優しいメッセージに溢れた内容。初めて個人での楽曲提供となったRIKUは「楽曲が完成したときはうれしい気持ちはもちろんですが、どちらかというと、この楽曲が映画の世界観にハマりますようにという願いとプレッシャーのほうが大きかったですね」と正直な思いを吐露した。

さらに歌詞については「楓士雄や須嵜など登場するキャラクターたちの気持ちを想像しながら、歌詞を書き綴っていきました。自分も同じ場所で一緒に戦っていたらどういうふうに思うかな? 仲間って自分にとってどんな存在かな? と想像もしました。あとはTHE RAMPAGEとして、また歌手としての自分のフィルターを通した言葉と思いも投影させてもらいました」とコメント。また歌唱については「どうしても譲れない信念みたいなものを描ければと思い歌いました」と明かしている。

それぞれのアーティストたちがキャラクターの気持ちや『HiGH&LOW』の世界観に寄り添い作った楽曲だからこそ、完璧にその世界にマッチし、本編をよりリアルに、そしてドラマチックなモノへと昇華させてくれる、劇中歌の数々。各シーンで流れてくる挿入歌にも耳を傾けながら本作を観ると、より没入感を味わえること請け合いだ。

シリーズ史上最多&最強の高校による、大切なモノを守るために、拳×魂×運命が激突(クロス)するバトルアクション超大作『HiGH&LOW THE WORST X』。期待は高まる一方だ。


映画情報

『HiGH&LOW THE WORST X』
9月9日(金)全国ロードショー
配給:松竹

(C)2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会
(C)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX


映画『HiGH&LOW THE WORST X』作品サイト
https://www.high-low.jp/movies/theworst-x/