THE F1RST TIMES

NEWS

2022.09.04

映画『この子は邪悪』の舞台挨拶実施! 「完成作を見てゾクゾクしました」(なにわ男子・大西流星)

■「道枝駿佑が予告編で言う僕のセリフを覚えていてくれて、僕の役に成り切って披露してくれた」(なにわ男子・大西流星)

9月1日に公開となった映画『この子は邪悪』の公開記念舞台挨拶が行われ、主演の南沙良、大西流星(なにわ男子)、渡辺さくら、そして片岡翔監督が登壇した。

この日の模様は全国118劇場でライブビューイング中継。

主人公・窪花役の南は「脚本を読んだときに先の展開が想像できなかったけれど、映像になると不穏さと緊張感が増していて、楽しんで鑑賞しました。不穏感はたっぷり!」とアピール。

窪花の幼馴染・四井純役の大西は「初めて脚本を読んだときに『これをどう表現するんやろう?』と思ったけれど、完成作を観たときに『監督さんが作りたかったのはこれか!』とスクリーンからドーンと感じられてゾクゾクしました」と衝撃作だと胸を張った。

なにわ男子メンバーも本作を鑑賞したといい「道枝駿佑が予告編で言う僕のセリフを覚えていてくれて、僕の役に成り切って披露してくれた。リアクションには困ったけれど、愛のあるメンバーだと思った」と照れながらもうれしそうだった。

劇中でもつけていた白い仮面で登場したのは、花の妹・窪月役の渡辺。約1年前の撮影を回想し「沙良さんのことが大好きだったので、クランクアップの日に悲しくなって泣いちゃいました。そうしたら『また会えるよ』と慰めてくれて、今日会えたのでうれしかった」と再会にニッコリ。

大西については「撮影の合間に私が暇そうにしていたら『手遊びする?』と声をかけてくれて一緒にずいずいずっころばしで遊んでくれてうれしかった」と優しい人柄を述懐。

それに大西は「ずいずいずっころばし、やっていましたね! それで盛り上げて少しでも緊張がほぐれればいいと思ったんです」と撮影時のオフを懐かしそうに振り返った。

また本作の内容ちなんで、登壇者の本性に迫るべく「仮面を取ると、実は〇〇なんです…」と告白する企画を実施。

これに南は「仮面を取ると…実はテンションが高いです」と静かに語り、大西からは「ホンマですか…? あまり見たことがないので信憑性ゼロ」と疑われると、「推し活をしているときはテンション爆上げ。自分の中のボルテージは最高潮です。推しは『ヒプノシスマイク』のオオサカ・ディビジョン“どついたれ本舗”の白膠木簓!」と早口で解説し、確かにテンションを爆上げしていた。

一方の大西は「仮面を取ると…実はおっさんなんです!」とカミングアウト。「普段はアイドルとしてキラキラ輝けるように頑張っているけれど、お家や現場入りするときはオールバックで寝ぐせのまま顔もむくんだまま。メイクさんが必死に寝ぐせを直してくれるので時間がかかる。コンビニに行くときも寝ぐせのまま半袖半パンで過ごしている。そんな僕の姿をメンバーも見ていて、必死に世に出ないように守ってくれている」と打ち明けると、南は「うまく隠されていましたね! 全然わかりませんでした!」と人気アイドルの素顔にビックリしていた。

主演の南は「何度観ても新しい発見のある楽しめる映画だと思うので、何度でも観てほしいです」とアピール。片岡監督は「自分のオリジナルストーリーで素晴らしいキャストに集まっていただき、ようやく自分が心から好きだと言える作品を作ることができました。不気味な作品ですが、スタッフ・キャストの愛が沢山詰まっています」と大ヒットを祈願。

そして、最後にお客さん全員で白い仮面を持ち、キャスト&監督と共に写真撮影をしてイベントは終了した。


映画情報

『この子は邪悪』
9月1日(木)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショー

出演:南沙良 大西流星(なにわ男子) 桜井ユキ 渡辺さくら 桜木梨奈 稲川実代子 二ノ宮隆太郎 玉木宏
監督・脚本:片岡翔
配給:ハピネットファントム・スタジオ
(C)2022「この子は邪悪」製作委員会


映画『この子は邪悪』作品サイト
https://happinet-phantom.com/konokohajyaaku