THE F1RST TIMES

NEWS

2022.09.09

なにわ男子・道枝駿佑&福本莉子W主演映画『セカコイ』、釜山国際映画祭への正式招待が決定

■「韓国の方々や世界の方々にセカコイをお届けできるのはすごく嬉しいです!」(なにわ男子・道枝駿佑)

第26回電撃小説大賞でメディアワークス文庫賞受賞作品にして、日本、韓国、中国書籍の合計発行部数がシリーズ累計65万部を突破(2022年8月時点)するなど、国境を超えて異例の大ヒットを記録している一条岬の同名恋愛小説を、なにわ男子の道枝駿佑×福本莉子のW主演で映画化した『今夜、世界からこの恋が消えても』(通称『セカコイ』)。

眠りにつくと記憶を失ってしまう「前向性健忘」を患ったヒロイン・日野真織(福本)と、そんな彼女を献身的に支えるも、自らも大きな秘密を隠し持っている主人公・神谷透(道枝)の儚くも切ない愛の物語だ。

監督は『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016年)はじめ数々の恋愛映画を創り上げてきた名手・三木孝浩。脚本を『君の膵臓をたべたい』(2017年)の月川翔と『明け方の若者たち』(2021年)の松本花奈が共作し、映画音楽に『糸』(2020年)で第44回日本アカデミー賞・優秀音楽賞にもノミネートされた亀田誠治を迎え、現在の日本映画界で、恋愛映画を作るにあたり、これ以上ない最高峰のクリエイターたちが奇跡のタッグを組んだ。さらに、主題歌には、若者を中心に絶大な支持を集めるヨルシカが「左右盲」を書き下ろし、切ない歌詞と透き通った歌声で世界観をさらに彩った。

公開直後から「ボロボロ泣いた」「まさかの展開に号泣」「切なくも心が温まる」と【涙】と【感動】の声がSNS上で見受けられ、その声がしっかりと反映されたかのように、公開初日の満足度98.4パーセントと2022年公開の東宝配給作品では、1位(東宝調べ/2022年公開作品 ※8月1日時点)をたたき出し、Filmarks の「初日満足度ランキング」1位(Filmarks調べ ※8月1日時点)にもランクイン。 SNS上には、「1回目より泣けた」「2回目は開始5分で泣ける」「何度でも透くんに会いたい」と、物語の結末を知った上で観ると“より泣ける”ことから、2回、3回とリピート鑑賞する人が続出。7月29日に全国 312館で公開を迎え、初日から 9月8日までの42日間で、観客動員数107万人、興行収入13.5億円を突破。公開から1ヵ月以上経った今も尚、その勢いは留まるところを知らない。

そんな“この夏いちばん泣けた”『セカコイ』が、第27回釜山国際映画祭に正式招待されることが決定した。

釜山国際映画祭は、国際映画製作者連盟公認の国際映画祭であり、アジアを代表する映画の祭典としてつねに注目を集めており、毎年、国内外の約300作品(ワールドプレミア約100作品)が上映され、来場者数は約20万人を記録している。その釜山国際映画祭にて、人気、芸術性に富んだ新作や国際的に評価された作品が7作品選出され、メイン会場である「映画の殿堂」の野外スクリーンにて釜山最大の座席数(5,000席規模)で上映される映画祭を代表する部門である、<オープンシネマ部門>に『セカコイ』が正式招待されることが発表された。

映画祭に正式招待されたことを受け、映画初主演にして初の国際映画祭での上映が決まった道枝と、同じく主演を務めた福本は喜びと感激のコメントを発表。原作小説も韓国で映画公開前から人気を集めており、今作の上映にも注目と期待が集まっている。今年の釜山国際映画祭開催期間は、10月5日~14日を予定している。

映画祭での上映決定を記念して、道枝&福本演じる透と真織の儚さが溢れる花火シーンの場面カットも到着。「お互いを本気で好きにならない」を条件に付きあったふたりの気持ちが溢れて抑えられなくなる重要なシーンとなっている。

■道枝駿佑 コメント
『今夜、世界からこの恋が消えても』が釜山国際映画祭で正式招待作品として出品されることが決定し、本当に嬉しいです!! ありがとうございます!!
セカコイの原作が韓国ですごく話題になっていると聞いていました。
そして今度は映画化して韓国の方々や世界の方々にセカコイをお届けできるのはすごく嬉しいです!
自分の初主演映画がこうして国境を越えて届けられるのは撮影や宣伝含め支えてくださったキャスト、スタッフの皆さん、そして日本でたくさんの方々に観ていただき愛していただけたからだと思っています!
釜山国際映画祭でもたくさんの方々に観ていただいて、セカコイの魅力が世界の皆さんにも伝わったらいいなと思います! ぜひ、皆さんお楽しみください!

■福本莉子 コメント
『今夜、世界からこの恋が消えても』セカコイが釜山国際映画祭に出品できる事を心から嬉しく思います!
日本では、7月29日に公開されてから沢山の反響を頂きました。
泣きました、、心が洗われました、などコメントを読む度にセカコイの世界が広がっていて、皆さんに愛されている作品なんだと少しずつ実感が沸いてきました。
2月の撮影から、宣伝、公開まで支えてくださった全てのスタッフの方々に感謝し、セカコイチームとしてこの作品が、国境を越えて世界の方々に愛される作品になれば嬉しいです!


映画情報

『今夜、世界からこの恋が消えても』
全国東宝系にて大ヒット公開中
キャスト:道枝駿佑(なにわ男子)福本莉子 他
原作:一条岬『今夜、世界からこの恋が消えても』(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
監督:三木孝浩
脚本:月川翔 松本花奈
主題歌:「左右盲」/ ヨルシカ(UNIVERSAL J)
音楽:亀田誠治
配給:東宝
(C)2022「今夜、世界からこの恋が消えても」製作委員会


映画『今夜、世界からこの恋が消えても』 公式サイト
sekakoi-movie.toho.co.jp