THE F1RST TIMES

NEWS

2022.09.09

Co shu Nie、EX THEATER ROPPONGI単独公演を開催!新曲「夢をみせて」も初披露

■「約3ヵ月ぶりのライブなんですけど、すごく時間が経ったような気がします。みんなをハグしたいくらい愛おしいです」(中村未来)

9月8日、Co shu Nie(Coの「o」はウムラウトありが正式表記)がワンマンライブ『Flos Ex Machina《re:bloom》』を東京・EX THEATER ROPPONGIで開催した。

この日のライブは、6月2日に行われた『TOUR 2022“Flos Ex Machina”』の最終公演となる東京・Zepp DiverCity(TOKYO)公演で「今年の秋に新譜を出して、またライブをやるので」と予告されていたもの。

ツアーのセットリストに新曲・旧曲を加えてアップデートし、もう一度大輪の花を咲かせてみせた。

最新のアーティスト写真同様の白を基調とした衣装でメンバーがステージに姿を現すと、もともとインディーズ時代に発表され、2020年にリマスター版が配信リリースされているミニアルバム『OVERKILL』からの「supercell」でアッパーにライブがスタート。

中村未来が「今夜も絶対的に美しい夜にします」と宣言し、「絶体絶命」から「SAKURA BURST」を畳み掛けていく。

中村はおなじみのファイヤーバードではなくテレキャスターをプレイし、その姿も新鮮だ。さらにはこちらもインディーズ時代の楽曲である「ペリカン号でどこまでも」が披露され、サビで中村が「行けますか?」と呼びかけると、フロアからは一斉に手が上がって、いつの時代の曲であってもバンドとオーディエンスがしっかりその空気を共有していることが伝わってくる。

松本駿介が「前回のツアーファイナルの約束を果たしにきました。来てくれてありがとう。最高の夜にしましょう」と呼びかけて大きな拍手が起こると、サイレンを想起させる赤い照明の中、一度ステージから捌けていた中村が拡声器を持って再登場し、「BED CHUTE!!」でエキセントリックなパフォーマンスを披露。

この曲や「病は花から」といった最新アルバム『Flos Ex Machina』の収録曲は音源だと打ち込みのビートミュージックだが、松本とサポートドラマーの裕木レオンが高度なテクニックを生かして生演奏することにより、楽曲にあらたな命が吹き込まれていく。

再び『OVERKILL』から「butterfly addiction」が演奏されると、中村はギターを置いてキーボードに移動。「give it back」では大サビでステージ上のミラーボールが回り、フロアをまばゆい光が包み込む。

中村が「“やっと会えた”、そういう気持ちです。約3ヵ月ぶりのライブなんですけど、すごく時間が経ったような気がします。みんなをハグしたいくらい愛おしいです」と話して披露された「青春にして已む」では、ラストの“10年後もその先も君のままで居て”“今を愛して重ねていこう”という歌詞をオーディエンスに語りかけるように歌い、グッと音数を絞ったバラードナンバー「miracle」は、艶と陰りが同居したボーカルの表情が実に素晴らしい。

「新しい曲をやるって約束したでしょ? 恋の終わりの歌です。聴いてください」と言って、この日初披露されたのは、9月28日の配信リリースが発表されている「夢をみせて」。

チルなベッドルームポップ風のトラックと演奏も耳に残るこの曲で、中村はヘッドセットをして表現力豊かにダンスをしながら歌唱。

もともとCo shu Nieのライブは映像や照明の演出を含めて物語性が強く、舞台を観ているような気分になることがあるが、この曲はまさにミュージカルを観ているかのよう。アウトロのクラシカルな余韻に至るまで、「静」のCo shu Nieの新境地を見せつけた。

ポップな印象の「夏の深雪」を終えると、中村はこの曲が「去年父親が亡くなったとき、明るい気持ちになりたいと思って」書いた曲だと明かし、「ずっと応援してくれるみんなはすごく特別なので、自分のことをもっと知ってもらえたらなっていう想いが芽生え始めています」と話し始める。

そして、「みんなの悲しみを包み込みたいし、苦しみを壊したいし、みんなの存在が大きくて、そういうことも音楽を作る理由になっています。こうしてここで会えて、顔を合わせて、音楽を共有できることが本当に幸せでたまらないです」と伝えると、場内を温かな拍手が包みこんだ。

「ここからはぶっ飛ばしていきます」と言ってスタートしたライブ後半戦は、中盤から一転して「動」のCo shu Nieが全開に。

高揚感に溢れる「asphyxia」から「着いてこれるの?」と呼びかけて「bullet」を続け、「永遠のトルテ」では中村も松本もステージ前方に出て行ってオーディエンスを煽り、カラフルな照明も相まって狂想的な盛り上がりが生まれていく。

「まだまだ行きますよ!」と、もう一度『OVERKILL』から「フラッシュバック」が披露されると、ここでこの日初めて中村がファイヤーバードを持って、フロアのテンションもさらに上昇。

極めつけはSNSにスタジオでの動画がアップされていた新曲「アナアキ・アナンケ」で、松本のヘビーなベースリフが煽動的なこの曲は文字どおりのカオスを生み出し、この日何度目かのクライマックスを作り上げた。

「この曲は決意の曲です。みんなが今夜暖かい眠りにつけますように、祈りを込めて」と中村が話して最後に演奏されたのは、Co shu Nieの始まりの曲でもある「迷路」。

これまでも特徴的だった静と動の対比がよりドラマチックに、より極端に進化していることを印象付けて、特別な一夜が幕を閉じた。

TEXT BY 金子厚武
PHOTO BY 鳥居洋介


リリース情報

2022.09.28 ON SALE
DIGITAL SINGLE「夢をみせて」


Co shu Nie OFFICIAL SITE
https://coshunie.com