THE F1RST TIMES

NEWS

2022.09.16

乃木坂46・齋藤飛鳥、アンディ・ウォーホル大回顧展の開催セレモニーに登壇

■齋藤飛鳥は本展のオーディオガイドナレーターを担当!「新鮮な気持ちを持ったままガイドを収録できたと思います」

2022年9月17日より京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」にて開催される『アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO』展に先駆けて、会場となる京都市京セラ美術館にて開催セレモニーが開催され、京都市長の門川大作氏、アメリカピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館の館長パトリック・ムーア氏、本展覧会のキュレーターであるホセ・カルロス・ディアズ氏、そして展覧会のオーディオガイドナレーターを務める齋藤飛鳥(乃木坂46)が登壇した。

本展覧会の開催を記念する開会セレモニーは会場となる京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」ロビーにて行われ、文化庁移転記念京都市公式展覧会ともなっている本展の開催に寄せた京都市長門川大作氏の開会宣言からスタート。

門川氏は本展についてウォーホルが生前2度来日したことやその折に京都の風景や人物像のスケッチを残したこと、生け花に興味をいだいていたことに触れ、「彼の作品を見るとき、京都で大事にしてきた美意識が感じられるのもそういった影響があるのではないか。」と京都とウォーホルの縁について語り、「京都で様々な足跡を残されていますので、そういった箇所をまわるプログラムもスタートします」と京都市が主催している文化庁移転記念事業連動企画「ART WALK KYOTO」のひとつにもなっている「ウォーホル・ウォーキング」の概要についても紹介した。

続けて今回の展覧会の展示品のすべてを所蔵するアメリカ・ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館の館長パトリック・ムーア氏より開催によせた挨拶が行われ、その後、式典は登壇者によるテープカットで締めくくられた。

式典後の公開取材には、パトリック・ムーア氏、ホセ・カルロス・ディアズ氏、そして今回の展覧会のオーディオガイドを務めた齋藤飛鳥の3名が参加した。

本展の開催にあたり新しく見つかった京都とウォーホルに関係についてパトリック・ムーア氏は「56年にウォーホルが京都に訪れて日本を好きになったということをご覧いただく皆さんに伝えたく、アンディ・ウォーホル美術館に所蔵されるアーカイブのなかにある約50万点の中からキュレーターのディアズ氏を中心にあらためてじっくり調査しキュレーションしました。ウォーホルが京都に訪れた旅程や記念にとっておいた品々、そしてアメリカに戻ったあとに彼がよくいっていった日本食料理屋のレシートなど様々な資料を展示しています」と展示に関するみどころを紹介した。

またウォーホルの全キャリアを辿るような今回の展示構成のみどころについて、ホセ・カルロス・ディアズ氏は「誰もがイメージするウォーホルの代表作はもちろん、プライベートな側面も含めあまり知られていないウォーホルの面にもぜひ着目していただきたいです。ポップ・アートのスターとなる前の1956年の世界旅行はまさに知られざるアンディ・ウォーホルの側面だと思いますし、抽象表現に挑戦した大型の作品の「カモフラージュ」、今回の見どころのひとつでもある「最後の晩餐」も一般的には広く知られていない作品ではないかと思います。「三つのマリリン」についても皆さんがイメージする華やかな面の一方で、彼女が持っている儚さといった一面にも目を向けていただき、展示全体を通してウォーホルの持つ両面性をお楽しみいただけると幸いです」と語った。

今回の展覧会のオーディオガイドを務めた齋藤飛鳥はアンディ・ウォーホルについて「アンディ・ウォーホルのことは以前から知っていてヴェルヴェット・アンダーグラウンド(The Velvet Underground)のバナナのジャケットや有名な作品は知っていましたが、どういった人生や功績を残した方かは知らなくて、ガイドの音声を取る前に歴史を教えていただき、新鮮な発見があったり面白いお話がたくさん聞けたので、新鮮な気持ちを持ったままガイドを収録できたと思います。人からお話を聞けてすごく良かったです」と語り、今回のオーディオガイド収録ついて「私の場合は実際に、アンディ・ウォーホルの歴史を知りながら収録したわけではないのですが、私の音声を聴きながら観てみようと思ってくれた人に、説明してもらいながら回る楽しさとか、理解が少し深まると思うので、それを感じていただけたらうれしいなと思いながら(オーディオガイドを)やりました」と語った。

また、京都の印象について「京都は景観の美しさだったり、東京とは別の魅力がありますし、改めてアンディ・ウォーホルの実際のスケッチを見て理解が深まった気がします、アンディ・ウォーホルの心にも響くような街っていうのは日本人としてはすごく誇らしいなと思いました。また2月まで展覧会がやっているのでプライベートで来られたらいいな。」と語った。

本展覧会は9月17日より開幕し、2023年2月12日まで開催。


イベント情報

『アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO』
09/17(土)~ 2023/02/12(日)京都・京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」
休館日:月曜日(但し祝日の場合は開館)、12月28日~1月2日
主催:京都市、アンディ・ウォーホル美術館、ソニー・ミュージックエンタテインメント、MBSテレビ、産経新聞社、京都新聞、WOWOW、FM802/FM COCOLO
企画制作:イムラアートギャラリー、ソニー・ミュージックエンタテインメント


『アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO』公式サイト
https://www.andywarholkyoto.jp/

乃木坂46 OFFICIAL SITE
https://www.nogizaka46.com