THE F1RST TIMES

NEWS

2022.09.23

大橋和也(なにわ男子)、かぜ薬の特徴を15秒で言い切る早口CMにチャレンジ!「よっしゃ言えた〜」

■なにわ男子・大橋和也、“ジキニンFirst NEO”シリーズ新TVCMでチャーミングな魅力が全開に!

大橋和也を起用した総合かぜ薬“ジキニンFirst NEO”シリーズの新TVCM『速攻チャレンジ』篇が9月23日より全国にてオンエア。同日より公式サイト、YouTubeにて、新TVCMの他、メイキング、インタビュー映像が順次公開される。なお、大橋が単独でCM出演するのは今回が初めてとなる。

CMでは、大橋が“ジキニンFirst NEO”シリーズの特長である、速さと効果感を勢いよく15秒で言い切る“速攻チャレンジ”に挑戦。「大橋! 一気に言います!」と力強く宣言したあと、早口で一生懸命に“ジキニンFirst NEO”シリーズの特長をアピール。言い終えたあとには「よっしゃ言えた〜」と安堵の笑顔を見せるものの、肝心の会社名を言っていないことに気づいて大急ぎで「全薬工業です!」と付け加えるお茶目な姿も。

大橋の、元気で明るく何にでも一生懸命なキャラクターが伝わってくる、チャーミングなCMに仕上がっている。

■メイキング
スタジオ入りした大橋は、「よろしくお願いします!」と元気に周囲のスタッフ全員に声をかけるように挨拶。撮影では、15秒の時間ピッタリに早口で“ジキニンFirst NEO”の特長を言い切るという難しい撮影に悪戦苦闘! 何度か言い淀んでNGを出してしまうものの、めげることなく何度もチャレンジする姿に、まじめな大橋の一面が垣間見えた。撮影の終了時に拍手を送られた大橋は、自らもスタッフの労をねぎらうかのように拍手をしながら、すべてのスタッフに声をかけるように「ありがとうございました」と何度も頭を下げていた。明るく元気で一生懸命な大橋の人柄がスタッフを魅了する明るい撮影となった。

■大橋和也 インタビュー
Q:今回のCMでは早口になるようなセリフもありましたが、大変だったことなど撮影の感想も併せてお聞かせください。
大橋:本当に早口言葉のように怒涛な。なんかもうセリフ言うても「トラネキサム酸」とか言ったことがないから、そういう言葉はすごい難しかったですね。中学・高校で理系やったんですけど、化学を習ってたときを思い出しました。

Q:今回のCMで訴求しているかぜ薬は、“かぜのひき始めにすばやく対処すること”というポイントがありますが、普段“早めにやろうと心がけていること”などがあれば教えてください。

大橋:僕、ちょっと変わってるんですけど、家を出る2時間前に起きちゃうんですよね。支度がすごい遅くて、朝起きたらヨガマット敷いて、ストレッチして、おなかに筋膜ローラーしてとか。あとは白湯飲んだり。その白湯も 南部鉄器で沸かしたお湯を飲んで、そこからお風呂も1時間ぐらいかけて、髪の毛乾かしてとか全部して、家出るって感じですね。

Q:かぜをひかないように、大橋さんが体調管理など普段気を付けていることなどはございますか?(ルーティン、運動などでも)

大橋:体調管理は、先ほど言わせてもらったんですけど。朝にストレッチする、白湯を飲む、そこから筋膜ローラーでおなかの腸を活性化して、1日健康でいられるようにするっていうのが僕のルーティンでもあり、健康に気をつけてることなのかなと思っております。

Q:かぜのひき始めや体調がおもわしくないときに、大橋さん(もしくは大橋家)のおススメの料理(食べ物や飲み物でも可)があれば教えてください。

大橋:毎回ちょっと疲れたなと思ったときに食べるのは馬肉ですね。僕、すごい喉が枯れるので、喉にも馬肉はいいらしくて。あとは体を元気にするっていうのも馬肉らしいので。その馬肉を、1週間に1〜2回は多分食べてると思います。


“ジキニンFirst NEO”の詳細はこちら
https://www.zenyaku.co.jp/d/firstneo/

なにわ男子 OFFICIAL SITE
https://www.johnnys-net.jp/page?id=artistTop&artist=56