THE F1RST TIMES

COLUMN

2021.10.13

SPYAIR・IKEの『THE FIRST TAKE』。“いつかきっと”を超えた今だからこそ強く響く「イマジネーション」

TEXT BY 森朋之

■説得力の強さは、彼らが培ってきたものに支えられている

満を持して、と言っていいだろう。
『THE FIRST TAKE』第158回に登場したのは、SPYAIRのボーカリスト、IKEだ。

「サムライハート(Some Like It Hot!!)」(2011年)、「現状ディストラクション」(2013年)、「RAGE OF DUST」(2016年)、「轍~Wadachi~」(2021年)などのヒット曲を数多く送り出してきたSPYAIRだが、今回IKEが披露したのは、「イマジネーション」。世界的な人気を誇るTVアニメ『ハイキュー!!』第1期第1クールのオープニングテーマとしても知られている楽曲だ。

2014年4月にリリースされ、現在までにYouTube再生数4,000万回超えを記録。間違いなく彼らの代表曲のひとつである「イマジネーション」を、IKEは『THE FIRST TAKE』のためだけのオリジナルアコースティックアレンジでパフォーマンス。楽曲に込められた真摯でまっすぐなメッセージ性を、濃密な感情表現を湛えたボーカルとともに響かせてみせた。

マイクの前に立ったIKEは、軽く発声し、両手を胸に当て「やっぱりちょっと、緊張しますね」と笑顔を見せる。そして「SPYAIRの楽曲はどれも大好きなのですが、今日はその代表曲ともいえるような楽曲を皆さんに届けたいと思います。アコースティックアレンジをしてきました。結構やはりこのスタジオ、緊張感あるのですが、そういうものも空気感の中に閉じ込めて皆さんに届けられたらな、と思います」と続けた。

そんな言葉を静かに紡ぎ、ピアノとともに歌い出す。瞬間的に集中力を高めたIKEは、切なさ、強さ、美しさが共鳴するようなメロディ、そして、未来に対する意志やビジョンを感じさせる歌詞を解き放っていく。2コーラス目からはアコースティックギターも加わり、楽曲の世界観がさらにグッと広がる。IKEの歌声もエモーショナルの度合いを高めていく。特に心に残ったのは、このラインだ。“負けたときから/次が始まってんだ/いまは苦く渋い味でも Baby/いつかきっと”。

前述したとおり、TVアニメ『ハイキュー!!』最初のOPテーマに起用された「イマジネーション」は、当然、アニメのストーリーと強く結びついている。軸になっているのは、烏野高校排球部(バレー部)に入ったばかりの主人公・日向翔陽のキャラクターだが、その歌詞の内容は、SPYAIRの軌跡とも──必然か、偶然か──重なっているように感じるのだ。

2010年にメジャーデビューを果たした彼らだが、そのキャリアは決して順風満帆ではなかった。華々しいスタートを切れるはすだったデビュー曲「LIAR」で思うような結果が出せず、いきなり試行錯誤の日々を送ることになる。

転機となったのは、TVアニメ『銀魂』(第2期)のエンディングテーマとなった4thシングル「サムライハート(Some Like It Hot!!)」。この曲のヒットでブレイクのチャンスを掴み、2012年末には初の日本武道館公演を開催。翌年リリースした3rdアルバム『MILLION』も好セールスを記録するも、2014年「イマジネーション」発表直後に、IKEの喉の不調によりバンドは一時活動休止を余儀なくされた。

それでも彼らは制作とライブを丁寧に続け、2015年からは右肩上がりの活動を継続。『銀魂』『ハイキュー!!』をはじめとするアニメ作品とのコラボレーション、国内外のツアー、そして恒例となった富士急ハイランド・コニファーフォレストでの単独野外ライブ『JUST LIKE THIS』を積み重ね、今や音楽シーンを代表するバンドの座を掴もうとしている。

そして、IKEをはじめとするメンバーの姿勢を端的に示しているのが、先述した “負けたときから/次が始まってんだ/いまは苦く渋い味でも Baby/いつかきっと”という歌詞なのだと思う。そう、『THE FIRST TAKE』で公開された「イマジネーション」の説得力の強さは、IKE自身、そしてSPYAIRが経験してきたこと、そのなかで培ってきたものに支えられているのだ。

10月17日22:00〜にプレミア公開された映像に対し、視聴者からは「ここでIKEさんの歌声を聞ける日が来た!!!! 」、「SPYAIRは『ハイキュー』を支えたと言っても過言ではないくらい偉大なアーティストさんです」、「涙ボロボロこぼれた。この曲を出した直後に解散危機にあって、そこからもう7年。あの時続ける道を選んでくれたからこそのこの『イマジネーション』、本当に心に響いたよ」など、想いのこもったコメントが寄せられた。その言葉の数々から、バンドとオーディエンスの強い結びつきをも感じてもらえるだろう。

彼らは、2020年に結成15周年・デビュー10周年を迎え、今年2021年3月には、3年半ぶり6枚目となるオリジナルアルバム『UNITE』を発売。さらにデビュー記念日の8月11日にベストアルバム『BEST OF THE BEST』をリリースし、9月からは全国ホールツアー『SPYAIR RE:10th Anniversary HALL TOUR 2021-BEST OF THE BEST-』を開催中。『THE FIRST TAKE』における「イマジネーション」のパフォーマンスは、キャリア・ハイを更新し続けているSPYAIRの“今”を象徴していると言えるだろう。


リリース情報

2021.08.11 ON SALE
ALBUM『BEST OF THE BEST』

通常盤



YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

SPYAIR OFFICIAL SITE
https://www.spyair.net/