THE F1RST TIMES

COLUMN

2021.10.20

Saucy Dog・石原慎也の「いつか」。その歌声に大切な人への想いを重ねる『THE FIRST TAKE』

TEXT BY 森朋之

■すべてのリスナーが“自分の歌”として強く共感できる「いつか」

『THE FIRST TAKE』第160回に、Saucy Dogの石原慎也(Vo&Gu)が登場した。歌唱した楽曲は、「いつか」。彼らの代表曲であり、このバンドの核になっている楽曲だ。

2013年、石原を中心に大阪で結成。2016年に秋澤和貴(Ba)、せとゆいか(Dr&Cho)が加わり、現在の体制となったSaucy Dogは、年間100本以上のペース(!)でツアーを重ねながらバンドとしての地力を蓄えてきた。そんな3人が、大きな注目を集めるきっかけとなったのが「いつか」だった。

彼らの最新作『レイジーサンデー』の多くの楽曲と同じく、「いつか」もまた、“まず言葉ありき”で制作された。冒頭の“坂道を登った先の暗がり 星が綺麗に見えるってさ”は、“坂道”や“暗がり”などの音の響きを活かしながら、情景が見えるように工夫することで生まれたフレーズ。歌が聴こえてきた瞬間にリスナーの頭の中で鮮やかな映像が広がり、曲の世界にグッと引き込む。この吸引力こそが、「いつか」の強さだろう。

歌詞のストーリーは、石原の経験が色濃く反映されているという。“君”に惹かれた瞬間、初めて手を繋いだときのエピソード、隣にいるだけで“フワフワと夢心地”になるような感覚。寒い季節の中で、愛らしく、幸せな光景が、語りかけるようなメロディー(ポエトリーリーディングに近い印象もある)とともに描かれた直後、バンドサウンドは一気にダイナミズムを増し、サビのフレーズが響きわたる。

“君の見る景色を全部/僕のものにしてみたかったんだ/あぁ 君を忘れられんなぁ”

そう、大切な“君”は、もうそばにいない。また“いつか”会える日を夢見ながら、“君”を思い出にすることもできず、延々と続く日々を生きていくしかない──この楽曲から滲み出る切なさは、恋愛ソングの枠を超え、大切な存在との別れを経験したすべての人の心をとらえ続けている。

2016年にリリースされた1st EP「あしあと」に初めて収録された「いつか」は、ライブでの演奏を通してブラッシュアップされ、オーディエンスからの強い支持を獲得。オーディション『MASH FIGHT! Vol.5』(THE ORAL CIGARETTES、フレデリック、LAMP IN TERREN、パノラマパナマタウンなどを輩出してきたMASH A&R主催のオーディション)でもこの曲が演奏され、グランプリ獲得の大きな決め手となった。

「いつか」が広まるにつれて、ライブの観客動員も確実に増加。メンバーは「『いつか』を超える曲を作らなくてはいけない」というプレッシャーを感じていたようだが、誤解を恐れずにいえば、それもまたバンドの成長のために必要な時期だったのだろう。実際、Saucy Dogの音楽性は作品を重ねるごとに奥行きを増し、幅広いリスナーを得ていく。2021年2月には、初の日本武道館でのワンマンライブ『send for you』も成功させた。

リリースから約5年が経ち、「いつか」のMVの再生数は、なんとまもなく4,000万回を突破。YouTubeのコメント欄には、「無理矢理忘れようとすればするほど元カレを忘れられないので、諦めて好きでいることにした」「振られてから2か月経つけどまだ忘れられてないし、これを聴いて泣く日なんて来てほしく無かったな。付き合ってた時はいい曲だなって一緒に聴いてたから余計に辛い」など、自分の経験と重ねた言葉が並んでいる。すべてのリスナーが“自分の歌”として強く共感している、というわけだ。

『THE FIRST TAKE』における石原からも、“ひとりひとりにしっかり届ける”という意思が感じられた。歌う前に発した言葉は、「いつか」というタイトルコールのみ。ピアノ、ストリングスによるシックな編成の中で石原は、この曲に込めた風景、物語、感情を丁寧に紡ぎ出していく。

圧巻はやはり、サビのフレーズ。二度と会えない人に向けられた、“会いたい”という想いを叫ぶように歌う姿には、どうしても心を揺さぶられてしまう。楽曲の普遍的な力、アマチュア時代から重ねてきたライブでの経験、そして、ワンテイクにすべてを注ぎ込む集中力。 “この瞬間”にしか体現し得ない貴重なパフォーマンスだと思う。歌い終わり、はにかんだ笑顔を浮かべながら「ありがとう」とつぶやく姿も印象に残った。

彼らは今年8月に5th ミニアルバム『レイジーサンデー』をリリース。9月から『Saucy Dog ワンマンライブ 全国ドックラン!! “今度こそ、はじめてのホールツアー!”』をスタートさせ、各地会場でソールドアウト&大盛況を見せている。『THE FIRST TAKE』で示した石原の“言葉、メロディ、声”を軸にしたSaucy Dogの魅力は、ここからさらに多くのリスナーの感情を揺さぶり、惹きつけることになるはずだ。


リリース情報

2021.08.25 ON SALE
ALBUM『レイジーサンデー』


YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

Saucy Dog OFFICIAL SITE
https://saucydog.jp/