THE F1RST TIMES

NEWS

2022.01.11

『ar』2月号(表紙:指原莉乃)で、JO1・白岩瑠姫がHYDEと初対談!「中学二年生のときから憧れです」

■指原莉乃、表紙写真に大満足!「私史上いちばんの特盛れ顔かも(笑)。棺桶に入れようって思うくらいお気に入りです」

『ar』2月号が、1月12日に発売となる。

表紙を飾るのは、指原莉乃。「ずっと見ていたarの表紙に出られるのがうれしすぎて、カラダをがっつり作りました」と指原。撮影までの期間、ストイックにジムに通うなどしてボディメイクに励んだという。きれいな縦線がはい った腹筋がまぶしい腹チラカットは、本人もとてもお気に入りとのこと。また、表紙には、指原自身が「私史上いちばんの特盛れ顔かも(笑)」「棺桶に入れようって思うくらいお気に入りです」と語る写真を採用。ぷっくりとした唇や美脚が際立つメルティーなショットに、ar公式SNSでも、「透明感えぐい」「いつもと雰囲気がちがってすごい!」と大きな反響があったという。

インタビューでは、「好きな男性のタイプはディベートができる人」「プロデューサーとして大事にしているのは“いい人に育てること”」など金言が出まくり! さっしーの美のヒミツを、外から中から根掘り葉掘りした8Pをお見逃しなく!

2月号は裏表紙も超豪華。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEから川村壱馬、RIKU、吉野北人、藤原樹、武知海青、浦川翔平のスペシャルな6人が登場。当初、別の場所で裏表紙用のカットを撮影していたが、撮り終ったあとにスタジオ横で談笑しているメンバーの姿があまりにも素敵だったため、急きょそこで撮り直し、その写真が採用されたという経緯が。まさに企画タイトルどおり「Back stage of RAMPAGE」な一枚となった。その他、メンバー同士が互いの裏側=素顔を暴露しあうインタビューも。また吉野北人の人気連載「HOKUTOIRO」では、ピンクをテーマに花に埋もれた吉野が登場。あわせて全16Pのランページワールドが堪能できる。

JO1が夢をかなえる連載「JO1meets」では、なんと白岩瑠姫とHYDEの対談が実現! 女性ファッション誌への出演はあまり多くないHYDEだが、今回「中学二年生のときからずっと憧れです」という白岩の熱烈オファーを快諾。「彼のように若い人たちが僕らのことを慕ってくれると“やってよかったな”と思います」と海のような懐の深さで白岩の愛を受け止めた。ar公式Twitterでは、ふたりの予告動画が投稿されるやいなやわずか24時間で24万回再生を突破! 「顔面偏差値が高すぎて辛い」「すごいしか出てこない」「社長賞あげたい」などファンから悲鳴に近い喜びの声が大量に寄せられた。

「スキンケア号」として数々のお肌美人が登場する2月号。なかでも注目すべきは、ar初登場の日向坂46の上村ひなの。アイドルとして忙しく過ごしつつも「美容の情報源は日向坂の先輩たち。美容番長は高本彩花さんと富田鈴花さん」と語り、水色のタンクトップで透明感抜群の“ベイビースキン”を披露。フレッシュなarデビューを飾った。

同じく日向坂46の先輩・斎藤京子は、話題のトークバラエティ番組『キョコロヒー』で共演するヒコロヒーと対談。「普通の女の子たちがしてきたような青春を過ごしていないのがコンプレックス」と意外過ぎるふたりの共通点を深堀したインタビューから、一緒にゲームを楽しむおちゃめなカットまで、絶妙なふたりの関係性が垣間見える4Pは必見だ。

イケメンを見たときめきはお肌にもいいはず! ということで、昨年登場するやいなや、その溢れ出る色気で大反響を巻き起こした眞栄田郷敦がarにカムバック。「おはだぐらびあ」と題し、眞栄田を限界まで接写。“こんな近くに郷敦”や“360°ご・う・ど・ん”など、今まで見たことがない角度からの眞栄田が全8Pに溢れている。毎日スキンケアを頑張っている女子への「頑張らなくていいよ(笑)。毎日やってると疲れちゃうし、大変だから、頑張りすぎず」という優しいメッセージまで、まさに読むだけで癒しのページとなっている。

(C)ar12月号特別版


書籍情報

『ar』2月号
発売日:1月12日(水)
出版社:主婦と生活社