THE F1RST TIMES

NEWS

2022.02.12

天才ギャンブラーが騙された!? 横浜流星、『嘘喰い』監督からのサプライズ手紙に「すごくうれしい」

■「普段と全然違うキャラクターなので、他の番組の共演者の方からも“まいやんが蘭子演じるんでしょ!?”とびっくりされたりしました」(白石麻衣)

2月12日、映画『嘘喰い』公開記念舞台挨拶が東京・丸の内ピカデリー2で行われ、キャストの横浜流星、佐野勇斗、白石麻衣、櫻井海音、三浦翔平、そして中田秀夫監督が登壇した。

本作は、天才ギャンブラー“嘘喰い”こと斑目貘が、日本の政財界、そして裏社会をも支配する会員制の闇ギャンブル倶楽部“賭郎”で、イカサマも、殺し合いも、なんでもありの“超危険なデスゲーム”に挑む姿を描いた作品。

嘘食いカラーとも言える紫のスーツに身を包んだ主演の横浜は「皆さん本日はお集まりいただきまして、ありがとうございます。昨日無事に公開を迎えることができて、幸せな気持ちでいっぱいです。短い時間ですがよろしくお願いいたします」と挨拶した。

「映画がついに公開されましたが、主演として、座長として、 大変だったこと、苦労された事はありますか?」という質問がされると、横浜は「作品を背負う覚悟はありましたが、俳優部として徹し、やるべきことは同じなので苦労や大変なことはそこまでなかったです。それよりも、みんなで一緒につくるという楽しさのほうが大きかったです」とコメント。

「まだ観てない人たちに向けて自身の役柄において、こんなところに注目して観てほしいというポイント」を聞かれると、横浜は「貘は絶対的な自信を持っているので、日頃から意識して生活していました。とにかく原作をリスペクトして演じました。また、それぞれ他のキャラクターも素晴らしく、個性的なのでそれも見てほしいです」とコメント。

さらに、「原作ファンの皆さんも気にしているであろう、ロデム(マルコ)についても、演じた野村祐希くんは身長も190センチあるし、体もしっかり作って挑んでいたので、安心して観ていただける仕上がりになっていますよ」と原作ファンを気遣うようすを見せた。

佐野は「梶は他のキャラの個性が強すぎるなかで、非常に普通の青年なのですが、いちばん観ていただきたいのは、貘とのバディ感ですね。ぜひご注目ください」と回答。

白石は「蘭子の強さと格好良さを観てほしいです。鞍馬組にいるときの蘭子と貘の前の蘭子はまた違った姿なので、それも楽しんでいただけたらと思います。また、衣装も手作りで、ヘアもできる限り地毛でやったので、気持ちもグッと変わり楽しかったです!」と撮影時を振り返りながら楽しそうに語った。

そして、今作がスクリーンデビューとなった櫻井は「キャリアも数ヵ月の状態で演じさせていただいたのですが、賭郎のトップでいなきゃいけないっていうギャップはありました。特に(横浜)流星さんとのシーンは、お屋形様として動じないことを心掛けました」と回答。

最後に三浦は「原作へのリスペクトの気持ちを忘れずに演じました。佐田国がとあることがきっかけで変化する前後の二面性を見てほしいです。いちばん印象的なのは貘とのハングマーンのシーンです」と語った。

キャスト陣の様々な回答を受けて、キャラクター性の強い映画となっているがどのような演出を心掛けたのか問いかけられた中田監督は「たしかに濃いキャラが揃った作品で衣装はもちろんのこと原作は髪型が特徴的なのですが、横浜くんがカツラの提案を蹴って実際に銀髪にしてくれたり、白石さんがまさに七変化で特徴的な髪型にしていただいたり、形から入って作り上げて、具体的なところは現場で俳優陣の皆さんとキャッチボールをしながら作っていきました」とキャストとの話し合いを重ねて作品を作り上げたことを明かした。

次に 「今回、横浜さんとギャンブルやアクションシーンなど 多くのシーンをご一緒されたと思いますが、 印象に残っているシーンを教えてください」と佐野へ質問が投げかけられると、「カジノのシーンでバディポーズなるものが生まれた瞬間があって、流星さんと話し合ってアドリブでできたポーズだったので、そこはすごい印象に残っていますね」と劇中で登場する、決めポーズがふたりのアドリブだったことを告白。それを受け横浜は「ふたりだからこそできるものを作れればいいなと相談しました」と横浜と佐野の仲の良さをうかがわせた。

さらに、「蘭子はご自身とはまったく異なるキャラだとこれまで仰っていましたが、 周りから蘭子について何か反響はありましたか?」と質問された白石は「普段と全然違うキャラクターなので、他の番組の共演者の方からも“まいやんが蘭子演じるんでしょ!?”とびっくりされたりしました」と周囲からの驚きの反応を披露。

また、「現場で感じた映画の魅力について教えてもらえますか?」という質問に櫻井は「映画はじっくり時間をかけて撮るというのが魅力だなと思っているのですけど、撮影しているときはまだ経験が浅かったので“映画だから”みたいなところはあまり感じなかったです。最近ドラマにも出させていただいてそれぞれの良さを感じましたね」と撮影時の想いを語った。

ここで、スクリーンに回答者以外のキャストの名前が書かれたルーレットが投影され、選ばれた人は回答者役のキャストになんでも質問する「ルーレットトーク」のコーナーを実施。

最初の回答者は三浦。ルーレットで当たった櫻井が「佐田国を演じるにあたって声のトーンを下げられたと聞いたんですけど、どうやったんですか?」と今作がスクリーンデビューの櫻井らしいフレッシュな質問を三浦にすると、三浦は「それ楽屋で聞けば良くない?(笑)」と笑顔でツコッミつつ、「台本があって、役があって、衣装を纏うから生まれる声というものがあるんですよ! 100点満点の返し!(笑)」とおどけながら、「実際は流星と映像を観て、声を寄せる作業をしたんですよね」と真摯に回答した。

また、三浦からの「貘は良くカリカリ梅を食べていますが、好きな食べ物はなんですか?(笑)」という質問に、白石は「お寿司が大好きです、特に中トロ!」と満面の笑みで答えた。

最後は横浜が回答者となり、質問者には劇中でも横浜演じる貘のバディを務め、さらにイベントなどでもたびたび仲睦まじいようすを見せ話題になってきた佐野が選ばれた。佐野は横浜に「実は今日サプライズが用意されていることを知っていましたか?」と質問。佐野の不意打ちな問いに、横浜はハテナを浮かべた表情を見せた。実は、これまでのイベントでサプライズを仕掛けてばかりの横浜に今回は仕掛けられる側になってもらおうとサプライズで中田監督より手紙が用意されていたのだ。

<中田監督から横浜への手紙>
「嘘喰い」のキャンペーン、大変お疲れ様でした!TVでの番宣や雑誌のインタビューを佐野くん、白石さんたちと、すごーく沢山やってくださり大感謝です。
昨年、撮影前のリハーサルの時、お芝居のトーン、特に声の張り方、ボリュームのことなど話し合いましたね。
横浜くん、最初は少し戸惑っていたかもですが、私とも丁寧にやりとりをしてくれて、実際のお芝居を通して、貘が、クールで、冷徹な面を持ちつつ、実は梶や蘭子や、ライバル佐田国までも思いやれる人間味を、過不足なく演じてくれました。
撮影現場のオフキャメラでは、佐野くんたちとリラックスして談笑していて、でもいざキャメラ前に立つと、貘そのものとして集中し、「あんた、嘘つきだね」のセリフをバシッと決めてくれる。その姿はスーパーゾーンに入った、アスリートのようでした。斑目貘という稀代のキャラクターと共に生きてくれてありがとう!またご一緒できる機会があることを願っています。

手紙の朗読を受けた横浜は監督のほうに体を真っすぐ向け、「やっぱり言葉で思いをいただけるのはすごくうれしいことだし、サプライズで驚いていて、今はまだちゃんとしっかりと受け止められていないのですけど、すごくうれしかったです」と中田監督へ感謝を述べた。

イベントの最後では、登壇者を代表して横浜が「改めまして本日はありがとうございます。この作品は原作をリスペクトして、みんなで話し合いを重ねてできたものです。僕らの手元から離れて、皆さんのものになります。こういう状況だからこそエンターテイメントが必要だと思うので、特にエンターテイメント性が非常に高いこの作品を皆さんに楽しんでいただけたらうれしいです。本日はありがとうございました」と観客へ挨拶し、舞台挨拶を締めくくった。

映画『嘘喰い』は、大ヒット公開中。


映画情報

『嘘喰い』
大ヒット公開中!
原作:迫 稔雄(『嘘喰い』集英社ヤングジャンプコミックス刊)
監督:中田秀夫
出演:横浜流星、佐野勇斗、白石麻衣、本郷奏多、森崎ウィン、櫻井海音、木村了、鶴見辰吾、村上弘明、三浦翔平
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)迫稔雄/集英社  (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会


配信情報

dTV『嘘喰い -鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇-』
2月11日(金)からdTVで独占配信
(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会 (C)エイベックス通信放送


映画『嘘喰い』作品サイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/usogui-movie/