THE F1RST TIMES

NEWS

2022.09.06

TENDREやCharaら10組のアーティストがドラマ『すべて忘れてしまうから』全10話エンディング曲を担当

■TENDRE、阿部寛主演ドラマ『すべて忘れてしまうから』のED&劇伴を担当! 実写ドラマの劇伴楽曲を手掛けるのは自身初

9月14日より、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のスター作品として独占配信される、日本発オリジナルドラマシリーズ『すべて忘れてしまうから』のエンディング楽曲が解禁された。

本作は、燃え殻の同名エッセイを、国内トップクリエイターがドラマ化。ハロウィンの夜に突如姿を消した恋人をめぐる、ミステリアスでビタースイートなラブストーリーだ。

物語の主人公となるミステリー作家“M”を演じるのは阿部寛。主人公のMの行きつけであり、ハロウィンの夜にMの恋人“F”が消えた場所でもある、物語のキーとなる舞台“Bar 灯台”のオーナーを、1996年公開の『スワロウテイル』以来26年ぶりの演技となり、配信作品はもちろん、ドラマ作品への出演も初となるCharaが演じ、同じバーで働く元バンドマンの料理人役を宮藤官九郎が務める。さらに、“F”と何やら関係のある謎の美女役で大島優子、ある理由のため“F”を血眼で探す“F”の姉役に酒井美紀が出演するなど、豪華実力派俳優が集結。はたして、いまだ謎に包まれる“F”は一体誰が演じているのか、多くの注目が集まっている。

そんな本作のエンディング楽曲を担当するのは全10組のアーティスト。

【エンディング楽曲一覧】※50音順
・奇妙礼太郎「竜の落とし子」
・Chara「Junior Sweet(JEWEL ver.)」
・TENDRE「DRAMA」
・七尾旅人「ドンセイグッバイ」
・No Buses「I’m With You」
・paionia「わすれもの」
・ヒグチアイ「しみ」
・三浦透子「おちつけ」
・ミツメ「メビウス」
・ROTH BART BARON「糸の惑星」

全10話それぞれのエンディングを担当するという異例の企画が実現。今回の企画について、本作のプロデューサーは、「様々な日常を切り取ったエッセイを原作とした物語だったので、話ごとにテーマが違ってくると想定しているなかで、エンディングの味わいが違っていくのは面白いだろうし、この作品にマッチするのではないかと考えました」と、今回の構成だからこそ生まれたアイデアであること、また、「見たことがないものにしたかった」と、新しさも意識していたことを明かしている。

また、全10組のアーティストたちは、「Bar灯台」にセッティングされたステージなど、劇中の舞台で演奏をするという演出も用意されており、作品の世界観の中でそれぞれのパフォーマンスを堪能できる仕上がりとなっている。

この演出について、同プロデューサーは、岨手監督と「舞台のひとつを小さなライブスペースがあるBARにしよう」と話していたことを明かし、「だから必然的にライブパフォーマンスであるべきだと行き着いたのですが、同時に、このドラマを観ることで素晴らしいアーティストたちのここだけのライブを聴けるというのも、視聴者の満足度を上げると確信もしていました」と、これまでにないあらたなエンディングの形が、作品とうまくかけ合わさることで生まれる化学反応へ自信をみせる。果たして、誰がどの話数で登場するのか、今後の情報に注目しよう。

なお、エンディング楽曲を担当したTENDREは、本作の劇伴も担当することも決定。実写ドラマの劇伴楽曲を手掛けるのは自身初。ミステリアスでビタースイートな大人の世界を、TENDREが吹きこんだ唯一無二のサウンドが包み込む。

■奇妙礼太郎 コメント
演技をするという経験ほとんど無く、自分自身への不安はありましたが、それよりもとても好きな『あのこは貴族』の岨手由貴子監督の作品に参加出来る喜びがとても大きかったです。

■TENDRE コメント
世界線をちょんと跨ぐような不思議な感覚もありましたし、Bar 灯台の店内の雰囲気が昔両親と通っていたジャズバーの雰囲気に近いものもありまして。いつものメンバーでいつものライブみたくのびのび演奏できたことはすてきな思い出のひとつです。

今作の音楽担当のお話をいただいた段階で、劇中で演奏できるというオファーを同時にくださったことにとても興奮したのをよく覚えております。登場人物の皆さんの息遣い、それぞれの場面や場所の匂い、作品自体が持つ温度感、そういったさまざまな要素に必要な感情の動きを、主にピアノをメインとして自分なりの手法で空間に描く。そんなイメージでつくりました。

すこしお手伝いしてもらったものもありますが、基本的には全曲ひとりで演奏させていただきました。今作をご覧になる皆さんと同じ様に、この世界の人々をやさしく見守るきもちで音楽を充てがっております。

■七尾旅人 コメント
もし“たえず移ろっていってしまうもの”や“それでも残る何か”をBARのシーンがこの物語の基底となって示すのだとしたら、毎回、渡り鳥のようにその日だけのミュージシャンがやって来るのはユニークなアイデアだと思いました。

■No Buses コメント
今まであまりない機会だったので、話を頂いてからとても楽しみでした

■paionia コメント
多難なバンド人生でしたので、にわかには信じられませんでした。また何か落とし穴があるのでは?という疑念も抱きつつ、一方で嬉しさと花開くことへの期待や希望を感じておりました。

■ヒグチアイ コメント
全話やりたかったです(笑)けど、終わらせ方や感じさせ方をもっと突き詰めればこういう風になっていくんだろうなと納得しています。エンディングを飛ばして見る人も多いので、そういう方にも毎話楽しんでもらえますよね。

■三浦透子 コメント
なんと贅沢でわくわくする企画なんだ! と純粋に嬉しかったです。役者としてお仕事をご一緒したことのあるスタッフさんが多かったこともあってちょっと照れ臭さもありましたが、それもまた心地よかったです。とても素敵な機会をいただけて感謝の気持ちです。

■ミツメ コメント
それぞれが思い思いのエンディングテーマを作るのは面白いなと思いました。気合の入った曲は他の方にお任せして自由にやれそうだなとも考えていました。

■ROTH BART BARON コメント
各お話に違う個性を持った音楽家が一つの大きな物語を作ってゆくことがこの作品にとても合っているなと思いました。


ディズニープラス OFFICIAL SITE
https://www.disneyplus.com/ja-jp

『すべて忘れてしまうから』番組サイト
https://disneyplus.disney.co.jp/program/subete.html