THE F1RST TIMES

COLUMN

2022.04.12

次世代に刺さるラブソングから卒業ソングの定番まで。リアルな興味がわかる『10代トレンドランキング』

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

これまで当サイトではLINE MUSICの月間ランキングの状況を毎月解説してきましたが、今月から同じくLINE MUSICの『10代トレンドランキング』の動向を紹介することになりました。

元々、利用者の年齢層が他のストリーミングサービスより若く、SNSとの親和性が高いLINE MUSICですが、その特徴がより色濃く反映されているのが『10代トレンドランキング』です。エンターテインメントの動きに敏感な10代が何に反応しているのかに注目することで、次の時代を引っ張る顔ぶれが見えてくるのではないかと思います。

■複数曲ランクインの面々は…

1位に輝いたのはTani Yuuki「W/X/Y」。1月の総合ランキングでは9位にランクインし、最近では地上波の音楽番組でも取り上げられることが増えてきた新世代のシンガーが若者の熱い支持を獲得しました。Tani Yuukiは7位に「愛言葉」も送り込んでおり、その人気が“一発屋”ではないことを示しつつあります。

いくつかの偶然重なって特定の楽曲がランキング上位に突如飛び込んでくることがあるのがストリーミングサービスの面白いところ。この傾向は10代に絞ったランキングでも変わりません。いっぽうで、そういった特徴のある場だからこそ、複数曲をランクインさせるアーティストは真の人気を持った存在であるとも言えます。最初のヒット曲を起点に、他のカタログにも素晴らしい曲があると伝わり、数珠繋ぎ的にそのアーティストの視聴回数が増えていく。そんなリスナーの行動が想像できます。

今回のランキングの上位50位を見た場合、Tani Yuukiのように2曲以上の楽曲をランクインさせているアーティストはSaucy Dog(5曲)、優里(4曲)、King Gnu(3曲)、Vaundy(3曲)、BTS(2曲)。このあたりの名前が、今の時代のリアルな人気アーティストと呼べるのかもしれません。

特に注目したいのは、50位以内に5曲、つまりランキングの1割を1組で占めているSaucy Dog。4位の「シンデレラボーイ」は完全にロングヒットの軌道に乗り、その他にも最新曲の「魔法にかけられて」(18位)から2017年リリースの「いつか」(23位)まで、新旧問わず彼らの楽曲が聴きまくられていることがよくわかります。耳に残るハイトーンボイスとキャッチーなメロディ、そして切なさを閉じ込めた歌詞の組み合わせはいつの時代も強いです。



■レミオロメン、鈴木鈴木:季節とリンクするランキングの動き

新譜から旧譜まで区別なくランキングが形成されるところもストリーミングサービスならでは。今回20位にレミオロメン「3月9日」がランクインしているのはそんな特徴をわかりやすく表している動きのように思います。2004年にリリースされた同曲は、今では春先の日本におけるクラシックナンバーとなりました。元々は友人の結婚を祝うために作られた楽曲が今では卒業式の定番となっているというのも、歴史が書き換えられていくプロセスをリアルタイムで体験しているようで不思議な気持ちになります。

若い世代にとって卒業式というのは非常に重要かつエモーショナルな出来事ですが、そこにフォーカスした「春空」を22位にランクインさせたのが兄弟ユニットの鈴木鈴木。「春空」はアコースティックギターやピアノを基調にふたりのハーモニーが乗るJ-POPの王道とも言うべき楽曲で、高校での恋愛・友人模様を描いたMVもグッときます。

■ロクデナシ、ヒグチアイ:壮大さこそ至高

28位にランクインしたのが女性ボーカリストのにんじんによるプロジェクト、ロクデナシの「ただ声一つ」。海外でも話題になるなど大きな反響を呼んでいるこの曲は、ピアノ主体のシンプルなトラックが情感のある歌声と組み合わさることでダイナミックな印象に変わっていくユニークなナンバーです。作詞作曲を手がけたのはボカロPのMIMI。“ボカロP×ボーカリスト”という組み合わせも今ではすっかり定着した感があります。

シンプルなトラックでドラマチックな雰囲気を醸し出す「ただ声一つ」に対して、33位のヒグチアイ「悪魔の子」は豪華なストリングスや力強い打楽器など構成そのもので劇的な展開を作り出している楽曲。アニメ『進撃の巨人』のエンディング曲として支持を集めていますが、作品のムードとも絶妙にマッチしています。

最近SNSでバズる楽曲を見ていると比較的シンプルな弾き語りのようなものが多いなと感じることもあるのですが、いっぽうで壮大さのある「ただ声一つ」や「悪魔の子」がよく聴かれているというのもなかなか興味深いです。どちらも“エモい”という点で共通項がある、という解釈なのかもしれません。

以上、3月のLINE MUSIC『10代トレンドランキング』についてお届けしました。来月もどんな動きがあるか楽しみです!

【2022年3月 LINE MUSIC 10代トレンドランキング】

01.「W/X/Y」Tani Yuuki
02.「うるうびと」RADWIMPS
03.「カメレオン」King Gnu
04.「シンデレラボーイ」Saucy Dog
05.「残響散歌」Aimer
06.「なんでもないよ、」マカロニえんぴつ
07.「愛言葉」Tani Yuuki
08.「スパークル」幾田りら
09.「ベテルギウス」優里
10.「僕らまた」SG
11.「DARARI」TREASURE
12.「レオ」優里
13.「Tie Me Down」Gryffin, Elley Duhé
14.「恋風邪にのせて」Vaundy
15.「WA DA DA」Kep1er
16.「バニラ」きゃない
17.「Bye-Good-Bye」BE:FIRST
18.「魔法にかけられて」Saucy Dog
19.「逆夢」King Gnu
20.「3月9日」レミオロメン
21.「ニュー・マイ・ノーマル」Mrs. GREEN APPLE
22.「春空」鈴木鈴木
23.「いつか」Saucy Dog
24.「ドライフラワー」優里
25.「心という名の不可解」Ado
26.「ハルカ」YOASOBI
27.「結」Saucy Dog
28.「ただ声一つ」ロクデナシ
29.「O.O」NMIXX
30.「水平線」back number
31.「YOKAZE」変態紳士クラブ
32.「踊り子」Vaundy
33.「悪魔の子」ヒグチアイ
34.「一途」King Gnu
35.「のびしろ」Creepy Nuts
36.「シャッター」優里
37.「あぁ、もう。」Saucy Dog
38.「Always」ENHYPEN
39.「Permission to Dance」BTS
40.「I’ll be by your side」平井 大
41.「Like」BTS
42.「CITRUS」Da-iCE
43.「なぁ」YOAKE
44.「Cinema (feat. Memento Mori & 武蔵)」O.A.KLAY
45.「ハート」あいみょん
46.「神っぽいな」ピノキオピー
47.「タイミング ~Timing~」Klang Ruler
48.「WITHOUT YOU [feat. ? OF YG NEW GIRL GROUP] 」G-DRAGON (from BIGBANG)
49.「STAY」The Kid LAROI & Justin Bieber
50.「裸の勇者」Vaundy
51.「桜が降る夜は」あいみょん
52.「Butter」BTS
53.「ロマンスの神様」広瀬 香美
54.「ミライチズ」夜のひと笑い
55.「沈丁花」DISH//
56.「MANIAC」Stray Kids
57.「Cry Baby」Official髭男dism
58.「群青」YOASOBI
59.「Life Is Still Going On」NCT DREAM
60.「GingaMingaYo (the strange world)」Billlie
61.「願いごと」平井 大
62.「怪獣の花唄」Vaundy
63.「勿忘」Awesome City Club
64.「ばかまじめ」Creepy Nuts & Ayase & 幾田りら
65.「正解 (18FES ver.)」RADWIMPS
66.「夜撫でるメノウ」Ayase
67.「Crayon」ZOT on the WAVE & Fuji Taito
68.「きらり」藤井 風
69.「チェリー」スピッツ
70.「GILA GILA (feat. JP THE WAVY, YZERR)」Awich
71.「常緑」大橋ちっぽけ
72.「High School Dropout」DADA
73.「Stand by me, Stand by you.」平井 大
74.「2022」虎韻
75.「Dragon Night」SEKAI NO OWARI
76.「虹」菅田将暉
77.「SCIENTIST -Japanese ver.-」TWICE
78.「今更だって僕は言うかな」Saucy Dog
79.「Shape of You」Ed Sheeran
80.「恋人ごっこ」マカロニえんぴつ
81.「栄光の架橋」ゆず
82.「JIKJIN」TREASURE
83.「Dynamite」BTS
84.「ELEVEN」Ive
85.「飛べるから」JO1
86.「春泥棒」ヨルシカ
87.「First Love feat.natsumi [feat. natsumi]」VILLSHANA
88.「Wherever you are」ONE OK ROCK
89.「napori」Vaundy
90.「Polaroid Love」ENHYPEN
91.「05410-(ん)」RADWIMPS
92.「夜空」音田 雅則
93.「POP SONG」米津玄師
94.「魔法の絨毯」川崎鷹也
95.「点描の唄 (feat. 井上苑子)」Mrs. GREEN APPLE
96.「ブルーベリー・ナイツ」マカロニえんぴつ
97.「花火」ちゃんみな
98.「Y (Please Tell Me Why)」Freestyle
99.「春を告げる」yama
100.「SMILEY (Feat. BIBI)」Yena