THE F1RST TIMES

COLUMN

2022.02.10

Tani Yuuki、Kep1er、BMK、あらなるめい…グローバル化と日本独自の進化を感じる1月のLINE MUSICランキング 

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

12月のチャートでは「We Just Don’t Care」を2位にランクインさせていたONE N’ ONLYが「What’s Your Favorite?」で1位を獲得した1月のLINE MUSIC月間チャート。


先月1位だったJO1「僕らの季節」が8位、JO1やINIと同じく『PRODUCE 101 JAPAN』を出自とするOCTPATHの「IT’S A BOP」が19位、さらには11月のチャートでも取り上げたマカロニえんぴつ「なんでもないよ、」とSaucy Dog「シンデレラボーイ」が引き続き存在感を放つなど(この2組は1月21日の『ミュージックステーション』にも出演しました)、上位30曲の雰囲気がだいぶ固定されてきた感があります。




“ヒット曲の寿命が長くなる”というストリーミングサービスの特徴をわかりやすく示している1月のチャートですが、ここではそんな中に飛び込んできた新顔について紹介できればと思います。

■Tani Yuuki、Kep1er:今の時代のトレンド

相変わらずこのチャートで無類の強さを発揮する優里を筆頭に男性シンガーのストレートな楽曲が支持を得やすい今の時代ですが、今回9位に「W / X / Y」をランクインさせたTani Yuukiもこの先の飛躍が期待される存在です。

「W / X / Y」のモダンなトラックと語感を大事にするボーカルの組み合わせは、「Myra」をブレイクさせた実力がフロックではないことを示しています。単曲の人気をアーティストそのものの人気に 繋げるのがどんどん難しくなっている昨今ですが、その壁を破っていきそうな気配があります。

5位にランクインした「WA DA DA」は、新生ガールズグループ・Kep1er(ケプラー)のデビュー曲。

日中韓サバイバルオーディション番組『Girls Planet 999:少女祭典』によって結成されたこのグループには、先月のチャートで紹介したIVEと同様に日本人メンバーが在籍しており、改めてK-POPの多国籍化の進行を実感します。

「WA DA DA」は昨今のトレンドであるガールクラッシュをうまく取り入れたナンバーですが、現状では時流を踏まえた手堅さのほうが目立つ印象です。グループとしてのはっきりした個性が音楽面で打ち出されるにはもう少し時間がかかるでしょうか。

■BMK、あらなるめい:情報量過多ソング

今回のランキングにおいてひとつの流れとして気になるのが14位のBMK「だって今日まで恋煩い」と30位のあらなるめい「お前のことなんか 好きじゃないからなー!!!」の2曲。


名古屋発の人気ボーイズグループ、BOYS AND MENの研究生として活動を開始したBMKの「だって今日まで恋煩い」は「グッバイ宣言」でお馴染みのボカロP、Chinozoが手がけた楽曲。また、人気の歌い手3人によって結成されたあらなるめいの「お前のことなんか 好きじゃないからなー!!!」は、ヒャダインこと前山田健一の作詞作曲によるものです。

この2曲はころころ変わる展開に乗せてコミカルな歌詞を歌い上げるという点で共通していますが、主に2010年代前半のJ-POPのシーンにおいて前山田健一がももいろクローバーZやでんぱ組.incとともに作り上げた“情報量過多ソング”とでも言うべき音楽性が、2020年代において男性グループが注目を集めるための手法として相変わらず顕在なのはなかなか興味深いです。当時はどちらかといえば“奇をてらったもの”という位置づけだったように思いますが、あれから約10年近く経った今ではすっかりひとつの定番となったように思います。

K-POPグループへの日本人メンバーの参加や海外のトレンドと同期する音楽性を持つアーティストの登場といった“グローバル”な話題が日本の音楽シーンにおいても増えてきているいっぽうで、日本独自の文化も引き続き育っているということを感じさせてくれる2曲のチャートアクションでした。

以上、1月の注目ポイントをお届けしました。来月はどんな新しい動きが起こるのか楽しみです!


【2022年1月 LINE MUSIC 月間ランキング】

01「What’s Your Favorite?」ONE N’ ONLY
02「Purple Moon」SUPER★DRAGON
03「逆夢」King Gnu
04「Blessed-Cursed」ENHYPEN
05「WA DA DA」Kep1er
06「ベテルギウス」優里
07「なんでもないよ、」マカロニえんぴつ
08「僕らの季節」JO1
09「W / X / Y」Tani Yuuki
10「残響散歌」Aimer
11「一途」King Gnu
12「レオ」優里
13「スパークル」幾田りら
14「だって今日まで恋煩い」BMK
15「RAY OF LIGHT」THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
16「ドライフラワー」優里
17「シンデレラボーイ」Saucy Dog
18「ハート」あいみょん
19「IT’S A BOP」OCTPATH
20「僕を未来へ運ぶ列車 -TV size-」なんキニ!
21「Anarchy」Official髭男dism
22「CITRUS」Da-iCE
23「After the rain」ØMI
24「ミズキリ」優里
25「きらり」藤井 風
26「シャッター」優里
27「心という名の不可解」Ado
28「水平線」back number
29「Cry Baby」Official髭男dism
30「お前のことなんか 好きじゃないからなー!!!」あらなるめい
31「ELEVEN」Ive
32「裸の勇者」Vaundy
33「Rocketeer」INI
34「ホワイトキス」鈴木鈴木
35「HORIZON」TEAM SHACHI
36「君に触れた時から」Nissy(西島隆弘)
37「踊り子」Vaundy
38「踊」Ado
39「Gifted.」BE:FIRST
40「勿忘」Awesome City Club
41「Step Back」GOT the beat
42「君に出逢えて」しまも
43「Mela!」緑黄色社会
44「Butter」BTS
45「ミライチズ」夜のひと笑い
46「魔法の絨毯」川崎鷹也
47「群青」YOASOBI
48「YOKAZE」変態紳士クラブ
49「好きだった (はずだった)」マカロニえんぴつ
50「怪物」YOASOBI
51「常緑」大橋ちっぽけ
52「愛言葉」Tani Yuuki
53「DM」fromis_9
54「Stand by me, Stand by you.」平井 大
55「あぁ、もう。」Saucy Dog
56「Dreams Come True」aespa
57「恋人ごっこ」マカロニえんぴつ
58「夜に駆ける」YOASOBI
59「ピーターパン」優里
60「Permission to Dance」BTS
61「SKY」宇野実彩子 (AAA)
62「阿修羅ちゃん」Ado
63「Dynamite」BTS
64「ハッピーエンドへの期待は」マカロニえんぴつ
65「The Feels」TWICE
66「朝が来る」Aimer
67「ツキミソウ」Novelbright
68「悪魔の子」ヒグチアイ
69「Have a nice day」imase
70「花束」ベリーグッドマン
71「MVSK」Kep1er
72「かくれんぼ」優里
73「STAY」The Kid LAROI & Justin Bieber
74「会いたいな」手がクリームパン
75「いつか」Saucy Dog
76「懐かしい未来」上白石萌音
77「廻廻奇譚」Eve
78「命に嫌われている。」まふまふ
79「夜撫でるメノウ」Ayase
80「Pretender」Official髭男dism
81「ブルーベリー・ナイツ」マカロニえんぴつ
82「かわいいよる。」neるne
83「ヨワネハキ( feat.和ぬか & asmi)」MAISONdes
84「三原色」YOASOBI
85「怪獣の花唄」Vaundy
86「PARADE GOES ON」GANG PARADE
87「でざいん」neるne
88「沈丁花」DISH//
89「Landscape」緑黄色社会
90「Savage」aespa
91「Title」Meghan Trainor
92「Bluma to Lunch」BLOOM VASE
93「夏音」優里
94「千本桜」Ado
95「キリとリセン」neるne
96「愛を知るまでは」あいみょん
97「点描の唄 (feat. 井上苑子)」Mrs. GREEN APPLE
98「海のリビング」鈴木鈴木
99「君に夢中」宇多田ヒカル
100「napori」Vaundy